忍者ブログ

ちを込めて

男は涙をこらえ、は、男は簡単に涙を流す。曲があり、男の人が泣くのは罪ではないが、実はもっと人間性。男も人間も気持ちを込めて、男は涙を流さないで、ただ男に理性的で、または未てしまったんだ。
女、涙はとても正常で、から、女の人は生まれつき感性の動物、涙腺は男性よりも発達しましょう、腹の中は男性よりも弱さ、感情は脆くて、しかも仮止めに感染されやすい。例えば、ドラマを見て、投入、もとは本当に自分を忘れた所はどこに全身全霊でストーリーの中で、まるで自分がそのドラマの主役、感情を生れ落ち、テレビを演じて、人はまだストーリーに動かして出てこない。でも、それは即興の涙は流れない。人生は芝居のような人生でも、感情に共感し、感動も無理もない。
女の愛の涙のが多かったが、強い女はとても少なくて、彼女たちが強い。感情線が比較的に粗いのは多くなくて、彼女たちのほれることも少なく。最も簡単に涙を流すよりも、感傷的な女。彼女たちが感情は豊かにして、この豊かに表現だけでなく、人、物、天上の日月星辰、地上の草花や樹木、甚だしきに至っては小猫の子犬は、彼女たちの物事に感じて。敏感で、きめ細かくて、感性、多情で、このような女の特徴。彼女たちが一言の言葉で、心を繰る熱波が1つの冷たい言葉を気にしないし、涙を流して、彼らはあなたの買ったものの良し悪しに貴賎、気になったのはあなたのあの1部の心の底から心配する。情義、彼女たちの目には、まったくない値段。
涙もろい。悲しいからじゃなくて。時には、感動して、彼の誠実さに彼の真情、より感動は彼の優しさに彼の理解。も時には想いが、一日千秋の思いは、しばらく会わないように、長年ぶり、熱愛中の人々が、想いが山積し、どのように涙を流れない霰?当日思夜、夢にしまったいとしい人がやっと来たに、あの複雑な感情を、どのように言葉で、この時、雲の想いがきっと化に幸せな糸雨、お洒落襟前。この涙は、幸福のは、愛する人の温もりに触れ、彼女に心の奥のあの1部の柔らかい。
女によっても悲しんで、彼女の心は彼女が好きな人、人がいない傷を、彼女は気にしないのが多すぎて、もし一人はいくつかの人と事はまったく気にかけないで、それでは、これらの彼女の心の中が轻如鸿毛、彼女はどうして傷され。でも、彼女は悲しい時に、見えない人、彼女は脆弱だが、彼女にこのもろくて弱い自分を隠しているだけと思って、一人の時に、自分を咀嚼してあの感傷。
どんなに愛して涙が、心は動かない、痛くない。心は本当に心は傷、最近は悲しい。特に愛、女の愛は流さないの。愛より、涙より。原因は多様だが、どれも感情への扉。夫婦でも、恋人にせよ、往々にひと言、大けが心も涙、実は、その話は他人に、いい、甚だしきに至っては笑い飛ばし、しかし、愛情関係は、あなたと彼女のところで、あまりに重みがあるので、彼は気にかける。気にかけるためので、苦痛。
ある人は、涙がは塩辛いので、、それの原料は血液では、涙腺の処理で、持って血液中の塩分を転々として流出した目。やっと分かった、なぜ多くの女の人、多くの時にたくさんの人が笑顔だけは、ほとんどの人は涙を流し、ため、ある人はわからないで、ある人がなくて、ある人はふさわしくない。女君の前で泣いて、彼女はきっと無条件にあなたを信じて、あなたと最も親の家族の、最も深い知己あるいは、愛の種そっと種彼女の中に入った。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R