忍者ブログ

空港への指名手配

直継はキリスト教徒、高子も同じ真理と美咲も同じ親類親戚も家族でキリスト教徒だった。
12歳の真理と美咲は教会關節痛症
の運営する小学から高等学校まである学校へ通っていたが、中学生になってから他の生徒とは違いがあった為、美咲は1か月後、真理は3か月後から学校へ通学する事はなかった。
神イエスは、真理と美咲に学校で学ぶ事は許さず、今後の真理と美咲には役割があり必要なものは、全て精霊と天使から学ぶよう導いていた。
真理は叔父夫婦の元で、美咲は施設の部屋で、以前の様に過ごす事になる。

5人の精神科医達は現実の世界から完全に抹消された。
メンタルクリニック5軒は閉鎖、廃墟となり連続放火によって建物は全滅した。
容疑者から犯罪者となった連続放火犯として警察では日本中に指名手配したが、何も情報がなく生きているか死んでいるのかも全く分からず、殺人容疑もあったが未解決事件となる。
海外逃亡も考えたが、早い段階で空港への指名手配をした為、海外逃亡はなしと判断。
容疑者の住んでいたアパートは、教会中心とした半径5km圏内にあった。
容疑者から犯罪者になったのは、ア關節痛症
パートを捜索中、覚せい剤とガソリンタンクがありガソリンの成分を調べると同じ成分と判明、そのガソリンスタンドを調べると防犯カメラで確認、写真もアパートにあった。
壁には多くの殺人予告の様な紙が貼られたが、その中に鮮明に書かれた5つの診療所だけを狙う殺人ルートが書かれた紙があり犯人と判断した。

5人の精神科医達の遺体はなかった為、警察署へ失踪届が出されるが家族ではなく5人の親戚達の人からの届け出であった。

警察官は確認する為に家族の自宅へ訪問すると、その家族達は自宅にいた。
「実は旦那さんの失踪届が出されているのですが」と警察官は冷静に家族に聞いた。
「えっ、そうなんですか、失踪届を出したのは誰ですか?」と家族も何事もなかった様子である。
「それはちょっと言えないのですが、旦那さんは、どちらでしょ」と警察官は聞いた。
「実は離婚届を出していまして、これから引越しをするのです」と家族は答える。
「そうでしたか、確認しましたので、體重控制

幸せになってください」
警察官は何故失踪届が出されたのか考えながら、その家族に言葉を選びながら言った。
「ありがとうございます」と家族は言いながら笑っていた。

5軒とも警察官は事情聴取し離婚届が出されていた事を確認し記録を照らし合わせると、5人の精神科医達の家族は、同じような事を言っていた事であったが、警察官達は何故か不思議な事だとは思わなかった様だ。
「失踪届は破棄されました」と警察署では5人の親戚の人達伝えていた。
「そんな事は、ありえない、遺体は何処にあるんだ」何度も足を運ぶ5人の親戚の人達だった。
PR

何故だ信じられない

電話に出た神父は、美咲の能力とは無限にある能力であって科学的物理的には証明はできない、稀に見る能力である事を知らせた。
そして、経験豊富で専門的知識のあ乳鐵蛋白る臨床心理士は、美咲の様な子供をカウンセリングをした事があるようだった。
さらに神父は電話を受ける。
経験豊富であるフリーの精神科医での判断は科学的根拠がない為、一人の精神科医では判断してはならないという理由で、もう一人専門の病院の精神科医は美咲の絵画を見せてもらいたいという。 
そして、美咲に一度会って見たいという事だった。
神父は、是非、会ってもらいたいと伝える。

美咲は、年1回の誕生日だけ外出するが、施設から一歩も外に出ることはない、声かけしても返事すらする事もない。
精神科医と臨床心理士によって、良乳鐵蛋白い治療ができ、専門の医師であれば、神父は美咲が変ってくれるかもしれないと思っていた。
数日後、医師と臨床心理士の方が施設へ来たのだが、美咲は、いつも通り、部屋へ閉じこもったまま、静かに絵を描くだけだった。
まず、セラピストが声をかけてみる、次に臨床心理士が声をかけてみるが、ただ絵画に集中し没頭していた。

美咲を見ながら声をかけると、セラピストと臨床心理士は不思議と自分が美咲の部屋にいるという意識が薄らいでいくのを感じていた。
セラピストと臨床心理士は、同じ感覚で心の中で思い見つめ合った。
「私達は、ここには居ないの、この子を見ている私自身の存在が薄れていくようだ」
セラピストと臨床心理士の「魂」が消えたり薄らと見え隠れしていたのだ。
そして、身体の力が抜けていくのを感じ、その場から離れた。
「先生、私達には無理です、声をか乳鐵蛋白

ける事はしましたが、それ以外の事は全く出来ません」

セラピストと臨床心理士の報告を受けた病院の精神科医は、これまでの気になる絵を見せてもらえるよう神父に言った。
神父は、スケッチブックを2冊をもって、病院の精神科医と経験豊富な臨床心理士のもとへ向かう。
「何という絵なんだ、まだ幼い子が描く絵ではない、何故だ信じられない」
「私にも信じられませんが、何かを訴えているような感覚になります」
病院の精神科医と臨床心理士は、現実のもののように鮮明に描かれている絵を見て驚きを隠せなかった。

長く接していたセラピストから美咲の事を聞いていた臨床心理士は、精神科医へ言った。
「私は、もうあの部屋にはいけません、あの部屋に入ると何故か力が抜けるような感じがして」
「そんな事が、あるはずがないだろ、一般的な症状を持つ幼い子供だろ」
精神科医師は、ゆっくり美咲のもとへ行き、声をかけた。
「こんにちは、君の名前は、美咲さんと言ったね、君の描く絵は現実にあるものではないのかな」
精神科医の言葉は、美咲の絵を描く手を止めさせ、美咲は、顔を医師に向ける。

美咲の行動に合わせる

美咲は教会が運営する施設での生活は、7才になっても相変わらず、会話もとろうとしない。
真理と同じ小学生だが、入学式後は修道院の部屋に閉じこもったままだった。
神父、修道院の修道僧、孤児施設の職員が、声をかけても表情は全く変わらない、眼を合わせる事もしない。
ただ声をかけると顔を見上げるだけで言葉での返事はない、微笑みや笑顔もない。
美咲の眼は、ただ一点だけに集中し下向き加減で、床を見ているだけで、すぐに部屋に閉じ込もってしまう。
部屋から出るのはトイレに行く、食堂で食事をとるだけである。

食堂では決められた時間で食事が出されるが、美咲の場合は食道に誰も居なくなってからであった。
そして、食道で美咲と一緒に居られるのは、美咲の心を開かせようとするセラピストだけであった。
しかし、その時間は限られ、美咲の行動に合わせる事が精一杯のセラピストである。
ただ美咲は、徐々にセラピストの顔を見て、眼を合わせる時が稀にあった。
眼を合わせる時の美咲は、以前は神父に渡していたが、カウンセラーに渡す事もあった。
美咲の絵を見たセラピストは、構図や色彩を見ながら徐々に美咲を分析する事が出来る様になる。

セラピストは、美咲の心にあるものに、魅了されながら、ある事に気づき始めていた、しかしそれは仮説の段階であり、神父には伝える事はなかった、良きタイミングを見計っていた様だ。
「神父様、過去の美咲さんの絵を見せてもらえないでしょうか」
「はい、美咲様の絵は、こちらの部屋にあります、何か感じるものがありましたか?」
「いいえ、申し訳ありません、今はまだ何もわかりません」
「そうでしたか、今後も美咲様を宜しくお願いします」
神父とセラピストの会話である。

その部屋は特に広い部屋ではなく、美咲だけの絵画を置くだけの保管する部屋である。
神父はセラピストに、過去からのスケッチブックを机の上に置き、その場から静かに去っていく。
セラピストは部屋の雰囲気に何かを感じたのか、周囲を見回していた。
「何故、この部屋なのだろう?」
床以外の天井や壁に花々や海や森など自然の風景に天使、イエスキリスト、聖母マリアの彫刻が施されている。
セラピストは、美咲は孤独という障害を持って生きてるのではなく、富や繁栄の愛情に恵まれた人生を送っているのではないかと思い感じていた。

ボクは見た



 先週の月曜日、かあちゃんがじいちゃんの按摩の治療を受けるので、ボクも一緒に連れられてボクの実家に帰った。
 最初、かあちゃんは「凛、どうする?実家にはニャンコのミケがいるから、あんた疲れるだけかもしれへんし。お留守番探索四十 洗腦してるか?」とボクに聞いてくれていた。ボクとしては、普段は留守番ばかりだし、家にいてもかあちゃんは何かしていて、ボクとほとんど遊んでくれないので、かあちゃんと一緒にいられる時はできるだけいたい。それにドライブは、ずっと一緒にいられるし、途中で美味しいものも食べさせてもらえるから大好きなんだ。

 ま、ボクに聞いてくれたところで、ボクが返事をしてもかあちゃんはワン語を理解できないから、ボクの気持ちは届かない。
 悩んだかあちゃんは、じいちゃんに聞いていた。それで「凛、明日は一緒に行こな。ニャンコいるけど、大丈夫か~?」というこ探索四十 洗腦とでボクの同伴はじーちゃんの鶴の一声で決まったわけだ。

 かあちゃんが按摩に行ってしまったら、ボクは一人取り残される。この日は台所の隅でじっとしていた。ホントに不安だ。ニャンは飛ぶし、、、。

 ボクの不安で孤独な時間がどれだけ過ぎただろう。やっとかあちゃんが帰ってきた。早く帰りたいけど、かあちゃんはいつもボクの実探索四十 洗腦

のとうちゃん、かあちゃん、姉ちゃんと、おまけにニャンコにまで仲良くスキンシップを楽しんでからしか帰らない。ニャンコは炬燵に入っていたのに、わざわざ出してもらって、ボクの反応を見ようとするから、性格悪いゾ!かあちゃん。ボクは逃げるしかないんだー。

 しばらくして、姉ちゃんがニャンコにしたことをボクは見た。少し離れた安全圏と思える場所でだけど。
 姉ちゃんはスゴイというかなんというか。それは恐ろしい光景だった。
 姉ちゃんは、ニャンコの顔を足で踏みつけていた。ニャンコは床に横になって倒れている。そしてどうもニャンコの顔のあたりを舐めていた。ニャンコは何も抵抗しない。されるがままだ。姉ちゃんはそれを無表情でやっていた。無表情はコワイ。あれは姉ちゃんの愛情表現なのかもしれないという噂をニンゲンがしていた。
 それにしても、ニャンコを足で踏みつけておとなしくさせるなんて。姉ちゃんはコワイ。

奇貨居(お)くべし

『奇貨居(お)くべし』という言葉がある。
「奇貨」とは、めずらしい貨幣のことで、
これをとって置いておけば、値打ちが上がり大変なものとなるという意味 http://www.kidult-audio.com/12ax7.html。

この言葉の文章上での初出は、2千年以上前の『史記』の「呂不韋(ろふい)伝」。
このエピソードを簡単に紹介すると、
秦の始皇帝の父に当たる荘襄(そうじょう)王が、まだ、世継ぎとも決まっていないときに、
商人であった呂不韋が彼と偶然に出あったときに発したのが
『奇貨居くべし』という言葉だったという。
すなわち「この人物を守り、身近にとっていたならば、必ずや利益をもたらすことになる」
という意味で語った言葉。
実際に、荘襄王を応援し、彼が王となり、
そのことで、政商として秦の国で莫大な富を得ることになった。
彼の商売人としての直感が、ふと、言わせた言葉だったというところだろう http://www.kidult-audio.com/vintage.html。


めずらしい硬貨をとっておくと値打ちが上がるということが屢々ある。
その代表的なものと言えば、アメリカの「ダブルイーグル」。
1900年代に、20ドル金貨として世に出たが、
発行枚数が少なく、2002年のオークションでは、
759万ドル(およそ8億円)で落札されたという話がある。
まさに『奇貨居くべし』である。

1964年の東京オリンピックのときに
100円硬貨と1,000円硬貨のコインが発行されたが、
その1,000円硬貨を持っていた。
(当時の1,000円という金額は、今の5,000円から1万円ほどの価値感覚だった)

さて、この硬貨は、50年の時を経て、いかほどになっただろうか?
と、調べてみると、
(よほどの美品でない限り)1,000円!

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R